頭脳線

頭脳線の始まりから読む

この記事では頭脳線の始まる位置によってどのようなことが分かるのか解説しています。

頭脳線が生命線と離れていたり、くっついていたり、人によって様々ですが人差し指の下で生命線と頭脳線が少し重なってから離れているのが一般的です。

  • 生命線と頭脳線が重なっている部分が長いほど慎重派
  • 生命線と頭脳線が重なっている部分が短い、もしくは離れているほど行動派

と分けることもできます。

頭脳線:人差し指の下で生命線と繋がっている

人差し指の下で生命線と繋がっている人差し指の下で生命線と繋がっている

頭脳線は生命線と重なることが多く、特に人差し指の下で生命線と頭脳線が分かれるタイプの人が多いです。

このタイプの人は良識な判断ができて現実的な判断ができる人です。

無茶もしないので失敗も少ないですが、新しいことに挑戦したり、大胆な決断をすることも少ないと言えます。

本当は思い切り冒険をしたくても「一般的な常識」に囚われて行動できずに、結局無難な道を選ぶことで後悔することもありそうです。

「たまには挑戦してみたい!」と思ったこのタイプの人は、小さなことから挑戦を始めることがおすすめです。

たとえば、「いつも朝はコーヒーを飲む」ならば牛乳や紅茶、白湯などいつもと違う選択をしてみることです。

生活の中の小さな決断からいつもと違う選択を心がけることで、あなたの中の常識が少しずつ変わっていき、気が付いたときにはこれまでにない挑戦を選択できる自分に出会えます。

頭脳線:人差し指と中指の間で生命線と別れる

人差し指と中指の間で生命線と別れる人差し指と中指の間で生命線と別れる

画像は少し極端になってしまったのですが、生命線と頭脳線が重なっている部分が長いタイプの人です。

じっくり物事を考え、慎重に行動します。そのため、決断までに時間がかかり周りの人から臆病者だと思われがちです。

ただ、じっくり考えてから行動したり言葉にするため、相手の立場になって考えたり、相手の気持ちを考えて行動したり発言することができるので気の利く人が多いともいえます。

周りの人がどんどん行動していくのに何もできない自分に焦りを感じることもあるかもしれませんが、すぐに行動できるのが最善とも限りません。

その人に合ったペースがあるので、自分は自分と考えて前に進んでいければ大丈夫です。

頭脳線:生命線の内側から伸びる

生命線の内側から伸びる生命線の内側から伸びる

神経質で疑り深い性格の人に多い手相です。

小さなことでもヤキモキしたり、周りの人のささいな発言にも敏感に反応して疑心暗鬼になることもあります。

そのため、周りの人とも上手くいかず孤独を感じることもあるでしょう。

疑り深い性格をしているため、他人と協力して何かをすることが苦手な人も多く、まだ起きていない未来に対して不安になって結局チームを離脱して1人の道を選ぶことも多いです。

周りの人とうまくやっていきたいという気持ちもあるかもしれませんが、1人で行動した方がストレスは少なそうです。

どうしても周りの人に対して疑心暗鬼になってしまうときは、まずは自分自身の心と向き合って「誰かと一緒に行動すること」を自分に許可を出してあげると上手くいくでしょう。

頭脳線:生命線から1~2ミリ離れている

生命線から1~2ミリ離れている生命線から1~2ミリ離れている

行動力があって周りの人から好かれるタイプに多いです。

人の気持ちやその場の空気を察知して行動することが出来ます。

クラスに1人はいるお調子者さんはこの手相の人が多いかも?

行動力もあって少し大胆にも見えるタイプですが、現実的に考える思考も持っています。

そのため、無茶をしすぎることもなく、ほどよいところで折り合いをつけて上手に人生を歩んでいける人が多いでしょう。

頭脳線:生命線から3~4ミリ離れている

生命線から3~4ミリ離れている生命線から3~4ミリ離れている

アクティブに行動し変化を求める手相です。

前向きに物事を考え行動できるタイプです。

何事にも前向きに考えることが出来るタイプですが深く考えすぎることがなく、思い付きで行動するところもありそうです。

また、自分の考えもしっかり相手に伝えることができますが、ときに押しつけがましくなってしまうこともあります。

じっとしているのが苦手なので変化を求めて行動することができます。

頭脳線が短いとより直感型なので考えなしに行動してしまうこともあるかもしれません。

頭脳線:生命線から7ミリ以上離れている

生命線から7ミリ以上離れている生命線から7ミリ以上離れている

直感的に行動する人

今回のタイプ別診断でもっとも行動力があり直感的に動く人の手相です。

バリバリに仕事ができる人も多く、ひらめきや直感で行動します。

そのため、深く考えずに行動したり思ったことをすぐに言葉にすることがあります

ときに周りの空気を読むことができずに孤立することがあったり、忠告が耳に入らないこともありそうです。

実は、手相占いでも有名な島田秀平さんは、この線のことを「KY線」と呼んでいます。

そして、私は「KY線」の持ち主です。

確かに、思ったことを考えもせずに口にすることが多く、自分自身でも厄介な性格をしていると感じて苦労したことがあります。

でも、自分の特性に気付くことにそれを長所に変えていくこともできるのです。

会社では物おじせずに物事を伝えることができたので、伝える内容に気を付けていれば、上司などにも気に入られることもあります。

ただ、相手にもよりますので日本人社会で空気を読むスキルが必要な環境で生きていくにはちょっと辛いと感じることもあるかもしれません。

自分自身がそうだったのですが、「KY」ではなく自分の意見をしっかり持っている人として評価してもらえることもあります。

この記事も合わせて読んでみてください
生命線が短いと寿命が短いは嘘
【手相】生命線が短いと寿命が短いはウソ?生命線の長さについてお伝えしています。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。