手相の基本

【手相とは】手相を見る手は右手?左手?

手相を見るとき右手なのか左手なのか、利き手なのか・・・
諸説あるため迷われることもあるかと思います。

手相は手のひら全体を見て判断していくものになります。

そのため、両手を見て判断するのが良いでしょう。

また、左手は潜在的なもの、右手はこれまでの人生で作り上げたものを表していると言われることもあります。

左右を照らし合わせることで答えがみえてきます。

手のひらを比較したときの考え方

手相は両手を比較して総合的に判断します。

では、左右に差があったときの考え方についてお伝えします。

左右で同じ、または大きな違いがない 左右で大きく違いがある
意思が強くしっかりとした性格の人。信念を持って前進していける人。 性格に矛盾した部分を持つ。それが魅力にもなるし欠点にもなる。
右が良くて左が悪い 右が悪くて左が良い
苦労や逆境を乗り越えて自分の運勢を切り開くタイプ。 能力や環境に恵まれるが苦労することもある。

※上記はあくまで参考程度にしていただき、実際にはしっかりと手相を見て判断してください。

友達や同僚に話題作りして手相の左右差によるタイプ別診断をやってみると盛り上がると思いますよ。

右手 左手 それぞれの意味

まずは簡単に左右の違いについて表にまとめました。

今回は私がこれまで鑑定してきた経験上で実際に活用しているみかたをお伝えします。

左手でわかること 右手でわかること
  • 先天的なこと
  • 幼少期に受けた影響
  • 潜在的なこと(無意識)
  • 後天的なこと
  • これまでの経験で得たこと
  • 顕在的なこと(意識的)

左手(または利き手ではない手)には、持って生まれた先天的なことが刻まれています。

それは潜在的なことも現れているため無意識のうちに感じていることが左手に現れているといえます。

右手(利き手)には、これまでの経験で得たことが左手よりも色濃く刻まれています。

そのため、本人も自覚していることが多く含まれています。

手相を見る手順

最後に手相をみるときの基本的な順番をまとめます。

  1. 左右の手の形、ふくらみの違いをみる
  2. 左手から先天的な手相をみる
  3. 右手から後天的な手相をみる
  4. 左右の手を比較する
  5. 細かく手相のを見ていく

まず左右の手の形やふくらみに違いがないか見ていきます。手を並べたり、握ったりして左右の違いを感じてください。

次に手相をみていきます。

左手から生まれ持った性質を読み取ります。基本的な資質を読み取り、本人が気づいていない無意識的な部分を把握します。

次は右手から後天的に刻まれた線を読み取ります。左手と比較しながら違いをみていきます。

線が濃く刻まれている部分や左右に大きな違いがある部分を細かく見ていきます。

恋愛運や金運を知るために結婚線や財運線をいきなり見がちですが、手相は全体を把握することも大切です。手相全体を把握することは、その人自身を知ることです。

 

こちらの記事も読まれています。
手相基本7大線
【手相占い】手相の基本7大線を知ろう! このページをご覧のあなたは「自分でも手相を読んでみたいな」と興味を持ち始めている人だと思います。 このページでは手相の基本...
手のひらにある線の種類
【手相】手のひらにある線の種類手のひらにある線の種類についてお伝えしています。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。