手相を学ぶ

指輪不要?指輪を付ける位置でどんな運気がアップする?

指輪をはめる位置でどんな運気がアップするのか気になる方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

それぞれの指は対応するエネルギーが異なっています。

正しい位置に指輪をはめて運気を上げたいエネルギーをしっかりあげていきましょう。

この記事では、運気がやってくる場所、それぞれの指のエネルギー、指輪をはめなくても運気を上げる方法を解説しています。

指輪をはめると運気が上がる仕組み

 

突然ですが・・・

手相って、宇宙とつながってるらしいですよ

なんて言ったらオカルトちっくでしょうか。

 

それぞれの指には惑星の名前が割り振られていて

宇宙からのエネルギーを受信していると言われています。

では、運気はどこからやってくるのでしょうか?

 

水は空から雨が降り、山から川を通って海に流れます。

運気は宇宙からエネルギーが注がれ、指から線を通って手のひらに届きます。

そして、それぞれの指は異なる惑星からのエネルギーを受信しているのです。

 

手相の線は運気の流れを表しています

川をイメージしてもらうとわかりやすいのですが、大きな川ほどたくさんの水を運ぶように、太く濃く刻まれた線ほど運気を運びます

エネルギーを高めたい指に指輪をはめよう!

それぞれの指に集まるエネルギーを指輪をはめて意識することで、その運気を高める効果が期待できます。それぞれのエネルギーを表にまとめました。

親指 金星 愛情や生きる喜びのエネルギー、身内との関わりを表す
人差し指 木星 希望や向上心、指導力のエネルギー
中指 土星 忍耐力や集中力、自分を律するエネルギー
薬指 太陽 自分を表現する力や人気、信頼のエネルギー
小指 水星 コミュニケーション、交渉に関するエネルギー

 

どんな運気をアップさせたいのかによって以下の表を参考に指輪をはめる指を選んでみてください。

仕事運や希望を叶える 利き手の人差し指に銀の指輪
邪気を払う 中指に指輪
自分の意志を貫く力 利き手の中指
人気や信頼、金運 利き手の薬指に金の指輪
コミュニケーション力 利き手の小指に指輪

 

たまに欲張ってすべての指に指輪をはめる人がいますが、多くても両手で3つ程度にしておきましょう。

【指輪をはめる位置】恋人がほしい、出会いたい人

人差し指
希望を叶える人差し指に太めの指輪をはめるのがGOOD!

小指
利き手の小指に誕生石の入った指輪をはめるのがGOOD!

自分を律する中指に指輪をはめるとスキがなく恋が入る余裕がなくなります。もし中指に指輪をするなら邪気を払うアメジストが入った指輪がおすすめです。

 

【指輪をはめる位置】キャリアアップ・仕事運を上げる

人差し指
「人を指導する」意味がある人差し指にはめるのがGOOD!

銀の指輪
銀の指輪には「権力の象徴」という意味があります。

その銀の指輪を「人を指導する」意味がある人差し指にはめることで「自分がリーダーである」という意味を強めることができます。

もちろん、周りの人はそんな理由があるとは気づきません。

こっそり運気をアップさせることができます。

指輪をはめたくない人はペンで書くだけでもOK

私がそうなのですが、実は指輪をはめるのが苦手です。

指輪が苦手な人は手のひら側の付け根に金色化銀色のペンで指輪をはめているように半円を描くように弧を描くことで指輪をはめたときと同じ効果が得られます。

手のひら側(内側)に書くので目立たないのでおすすめです。

手相基本7大線
【手相占い】手相の基本7大線を知ろう! このページをご覧のあなたは「自分でも手相を読んでみたいな」と興味を持ち始めている人だと思います。 このページでは手相の基本...

https://shiawasenote.com/entry/aboutshiawasenote

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。