手相の基本

手相は当たる?当たる手相の基礎知識

【満足度97.6%】 私は1ヶ月に100人の手相鑑定を行った台湾占い師を師事する手相鑑定士のゆきです。

「手相とはなんだろう?」という基本からお伝えします。

手相とはいったいなんでしょうか?

物事の決断は脳が行いますが、それを実行していくのは私たちの手なのです。

毎日の暮らしの中で、さまざまなことを実行し、ひとつひとつの手の動きによって手相は刻まれていきます。これを分析したのが手相学です。

手に刻まれたシワを読み解くことで、普段、その人がどのような行動をとっているのかが分かるようになります。その延長でどのような未来が訪れるかを予測することも可能です。

そもそも手相は学問なの?

手相は統計学です。古代ギリシアではアリストテレスやピタゴラスといった多くの哲学者が
強い関心を抱き学術研究をしてきたものだと言われています。

手相学の歴史は長く、紀元前2000年にまでさかのぼるそうです。

「手相占い」として広まっていることから「未来を予言する」という認識もありますが
手相は自分自身の現状を把握に適した統計学です。

もちろん、過去や未来のことも手相をみると読み取れます。

手相は変わるって本当?

手相は日々変化していくものです。早い人で2~3日で変化し、2~3ヵ月で変化する人もいます。

そのため、手相を「現状把握」のために活用することを私はおすすめしています。まだ見ぬ未来を不安に思うよりも得たい未来のために今できることをやる方が幸せへの近道です。


手相は当たる?当たらない?

手相は紀元前に生まれた学問です。
紀元前2000年前から発展してきた統計学と言われています。

統計学ですので「この手相だとこういう傾向がある」という捉え方が良いかと思います。

手相は全く同じ人はいないと言っても過言ではないくらい個人差があるものです。

たとえば、生命線だけを見てその人を判断することはできず、他の線や丘と合わせて見ることでその人を占えるものなのです。

また、手のひらには普段意識していない潜在的な部分も現れているので、本人が自覚していないこともあります。

「自分自身をもっと知りたい」という人には手相はぴったりな占いだといえます。

 

もっと手相を知りたい人は次の記事もご覧ください。

手相ってなんだろう?
【手相とは】手相を見る手は右手?左手?「手相を見る手は右手か左手か」など基本的な手相の考え方をお伝えしています。...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。